ここは小布施のまちづくりグループ「さーけんせってみね会」のページです。
FAQ
Q1.「さーけんせってみね会」ってどういう意味?
A:北信濃の方言からきています。「さーけん」というのは「それはそうだが」とかいう意味で、「せってみねかい」というのは、「言ってみようじゃないか」ということです。つまり「まちづくりにはいろんな意見があり、それぞれ尊重すべきだが、言いたいことは気楽に言おうじゃないかい」という会なのです。

Q2.どんな目的でやっているの?
A: 広い意味でのまちづくりを進めようとする会です。それには先ず自分たちの足下から見つめ直し、できるところからはじめていこう。という主旨です。

Q3.どんな人がやっているの?
A: はじめは小布施町伊勢町という地区(小布施駅周辺)の30代40代の仲間が集まってとにかく「まちづくり」をテーマに話をしようというところからはじまりました。

Q4.今までどんなことをやってきたの?
A: @「昼行燈」(機関紙)の発行   昼行燈1 昼行燈2 昼行燈3 昼行燈4 昼行燈5(pdfファイル)
   A「伊勢町に残る標号」の作製
   B「世界こどもハイクキャンプ」に人力車で参加
   C「商工会ファイアーフェスティバル」にも人力車で参加
   D「伊勢町二十三夜祭」でなつかしの写真展開催
   E「まちづくりフォーラム」で意見発表
   F 皇大神社のケヤキの切り株をさらに切り上げ、御輿にするという作業を開始する。
   G 町総合公園の完成イベントに三トンケヤキ御輿で参加
   H 切り株オープンガーデンをはじめる
   I「町宅配講座、まなぷらん」を開催
   J「水庫車」の製作
   K ダム問題を考えるため「高瀬ダム」研修
   L「ほおずき市」を開催
   M 御神木表札を伊勢町全戸に配布
   N 御輿は「花御輿」「子供祝い御輿」と担ぐ
   O 皇太神社境内の石畳みを修復
   P チップ工場行きの間伐材を加工し、丸太ベンチつくりを行う
   Q 平成15年5月5日 子供祝い神輿、担ぎ手募集
   R 平成15年ほおずき市
   20 小布施見にマラソン参加・ボランティア
   21 花仲間コンベンションに花神輿舞台設営
   22 第6回「まなぷらん宅配講座」開催
   23 平成16年安市に餅つきで参加
   24 7月くりんこ祭りにほおずき市 50周年記念行事に「こども祝いみこし」
   25 10月2日 「やまびこフォーラムin小布施」 第1日目
   26 10月3日 「やまびこフォーラムin小布施」 第2日目 分科会

 

 

穀平のホームへ