穀平味噌は、伝統の味と風味を守り続けたこだわりの「天然醸造味噌」をお届けしています。

新着情報
2017/4/23
まちづくり委員会企画講演会。大地といのちの会代表 吉田俊道氏の話を二日間に亘って聞いてきました。現代人の多くは、ビタミンや微量ミネラルが極端に不足している。というのです。結果、食は足りているのに栄養失調になり、様々な病気になっているという。その原因は一つには野菜自体の含有量低下。加工食品の普及だという。特に危険はコンビニ弁当。見た目よく日持ちよくするために栄養成分をほとんど洗い流してしまうという。対策は味噌汁に旬の野菜をたっぷり入れ、その中に「海」を取り入れること。つまり、煮干し、昆布等を粉末にしてでも毎回入れる必要があるというのだ。大事なことですね。
2017/4/14
味噌造り体験
abn長野朝日放送から味噌造り体験の取材でした。朝から豆を煮て準備。なんでも春の小布施町界隈を散策しながら、その魅力を探るみたいな番組らしいです。途中で味噌造り体験をしたいというので受け入れました。ベテランアナ平沢さん、
新人アナの大槻さんそして、部長こと松坂氏。三人三様で楽しく味噌造りが出来たのではないでしょうか。平沢さんは見かけによらず繊細なのが発見。少し天然っぽい大槻瞳さんのかわいい瞳に見つめられると思わずドキドキ。パワーと手際の良さはやはりベテラン部長。できあがりの味噌はどんな味になるでしょう。
2017/4/4
清明
「すべてのものが清らかで生き生きし、天地がすがすがしく明るい空気に満ちる」日だそうです。いつの間にか四月。確かに空気は澄んでさわやかになりましたが、まだ肌寒いです。山には雪。先日味噌の営業で大変お世話になった方の告別式。まだまだ若い30代の美しい女性でした。あるとき丸坊主にして店に見えたときはビックリしましたが、あとで聞いたのは同じ病気で髪の毛が抜けてしまった子供たちに自分の髪を提供したのだという。胸を打たれました。今頃は四月の風となってさわやかに天を舞っているかもしれません。
2017/3/28
香港から
突然メールが来ました。英文のメールは99.9%迷惑メールなので、削除されますが、今回のメールは題名が「吟醸味噌」で内容が英文でした。そこでよく読んでみると、過日弊社店舗で購入していただいた香港のお客様でありました。なんでもとても美味しく、香港で購入できないか、出来なければ発送してくれないかというのです。残念ながら香港では購入できません。直接お送りすることはできるのですが、送料の方が味噌代金より高くなりますとお答えしておきましたが・・。これからはインバウンド対策ばかりでなく、海外進出も考えなければならない時代になるのでしょうか。いやそれも視野に入れなければ生き残れない時代?うーん。頑張らなければ・・・。昨日観光協会作成の外国人対応英文受け答え冊子をもらってきました。
2017/3/15
味噌技術講習会
14日。今年は料理研究家の土井善晴先生。「味噌今昔・そして未来」普段テレビでしか見られません方なので楽しみ。「一汁一菜でよいという提案」という著書の内容にそったお話しでした。現代女性は料理は苦痛、プレッシャー、ストレスと感じているという。ならば家庭料理、和食を「初期化」して日本古来の「一汁一菜」でいいと言うのだ。一汁としての味噌汁はあらゆる調理法・食材を受け入れる。鶏唐揚げの味噌汁とか具体例を示してお話しいただきました。興味深かったのは、西洋のナイフ・フォークは縦に置くが日本では箸を手前横にしておく。これは自然の恵みと自分との間に結界をおくという意味である。それを破って感謝を込めて「いただきます」ということになる。これは深いいお話ですね。
2017/3/2
チェロコンサート
宮田 大氏のチェロコンサートに行ってきました。小布施のホールでやっていただくことがありがたいですね。演奏はなんと申しましょうか、Q平難しいクラシック音楽は全くわかりませんが、ん億円近いといわれるストラディなんとかというチェロの響きには感激しました。ん億円という話を最初に聞いているせいで良く聞こえたのかはわかりませんが、すばらしかったことに間違いはないです。
2017/2/27
マレーシア報告会
「Door to Asia@小布施」プログラムの報告会に行ってきました。マレーシアのデザイナー二人が3日間のなかで町内いろいろ回り、小布施の観光のいい点・課題を彼らの視点からあぶり出し発表していただきました。なかなか優秀な方たちなので、よくまとまっていたと思います。キーワードは「Open」、これはQ平も申し上げたことでもあります。そこから派生して「Openhomes」「Open mind」,「Open garden」,
「Open possibility」,「Open shop」,「Open conversation」と展開していくそうな。課題は今の冬期閑散期。冬に買えるものを提供したり、地元の影響力強い人と出会い交流できるプログラムを外国人向けのWEBサイトに載せたらどうかと言うことですが・・。通訳はいい機械があるからいいのかなぁ・・まさにAIの時代が目の前に来ているから。ちなみに海外で「obuse」を検索すると、「タイの化粧品」がヒットするそうな・・。お疲れさまでした。
2017/2/26
組合臨時総会
組合臨時総会でした。例年温泉で行います。組合の議事は滞りなく終わるのですが、問題はそれから・・。Q平お酒には弱いので、二次会三次会まではなかなかお付き合いできませんが、今回三次会まで。そこで語られるハイレベルの技術談義に目を白黒させながら、ものすごく勉強になりました。実はお互いライバルですので技術のキモは機密事項ですが、逆にオープンにすることによって、むしろ切磋琢磨できるんですね。これが全国でもトップレベルと評価される当地区味噌の秘密かもしれません。Q平とても気になったのは、隣にいるお姉ちゃんたちがとてもつまらなそうにしていたこと・・。色でもてなしようにないほど赤く熱くなっていましたから・・・・。
2017/2/23
マレーシア
マレーシアのデザイナーが味噌造り体験です。二人で見えました。もちろん通訳付きです。どんなプログラムだったのか今一わからなかったんですが、まちづくりに外国のデザイナーを絡ませることによって、新しい視点でのデザイン展開ができるし海外戦略の一環にもなり得るということらしいです。一人は当家にホームステイ。ムスリムだと食事が大変かと思いきや、中国系ということでそれはクリアしました。ただQ平の拙い英語だと心許ないので、マレーシアをこよなく愛する歯科医K先生をお呼びして夜までよもやま話をしました。なんか小布施らしいプログラムといいますか・・。面白いですね。
2017/2/21
おぶせ若者会議
小布施若者会議の発表会に行ってきました。全国から来た若者が6つの課題について、話し合いまとめたものを発表するということでした。へぇと思ったのは、都会ではみなさん疲れているようで、田舎の小布施に来ると癒やされるというのです。そこで自己再生のためのプロジェクトをつくろうしたり、クリエイターを呼んで小布施に一定期間滞在してもらい創造活動をするとか、なかなか若者ならではの斬新なアイディアで面白かったです。問題は地域内メディアを取り上げているチームも指摘していましたが、このような会議の内容、実際の活動をいかに町
民に理解してもらえるかということですね。これがまた課題の一つだと思います。
2017/2/14
おぶせ祭りin名古屋
名古屋金山駅構内にて「おぶせ祭りin名古屋」という催事に参加してきました。毎年今頃一日だけ行うイベントです。昨年は雨にたたられましたが、今年は雪が構内に吹き込みとても寒い一日でした。信州味噌を売り込むにはなかなか難しい地域ですが、思いの外あま酒が売れました。今ブームになっていることもあり、昨年より多く持って行ったのですが、お昼過ぎには売り切れてしまい感謝です。帰りには熱田神宮に寄り諸々の祈願をしてきました。そのご利益でしょうか、昨年食べ損なった「ひつまぶし」をいただき満足です。
2017/2/9
味噌造り体験
東京から味噌造り体験で3名の外国人が見えました。日本語が達者なので助かりました。美人リポーターとカメラマン2名です。なんでも外国人に日本文化を紹介するサイトを運営している会社からの派遣だそうです。いやー、外国人のテンションは違いますね。こちらも楽しんで行うことができました。味噌はつくったらすぐに食べられると思っていたらしく、ショックを受けていました。面白いです。外国人に味噌の良さを知ってもらうために正確な情報を流して欲しいです。
2017/2/2
お客様からのお問い合わせ
お客様から問い合わせのメールがきました。昨年店で購入し、「久しぶりにお味噌らしい美味しい味噌に出会え、感激しております」ついては、「友人にも差し上げたく」という、ありがたくうれしいメールでした。セット内容変更可能かという問い合わせでしたので返信させていただきましたが、残念ながらメールが戻ってきてしまいました。アドレスの違いかなにか当方では原因がわかりません。電話番号等の連絡先があると助かるのですがメルアドだけでしたので、困惑しております。このままにしておいたら弊社の不誠実と思われてしまうのが怖いです。
2017/1/30
大学の研究室
某大学の研究室から電話がありました。なんでも全国の味噌を取り寄せて研究しているとのこと。どうやら穀平みそもその一つに入っているらしい。聞けば、八丁味噌や西京味噌、信州味噌。すべて香りが違うというのです。信州の穀平味噌は香りがいいという。これは何から由来するものか、他地域のものと違うのはどういうところからか。というような質問だった。香りを分析すればエステル系の香りでどうも乳酸菌の存在が大きな役割を果たしているのではないかと推測されるというのですが・・。いずれにしても、味噌をつくるのは菌ちゃんたち。良い菌ちゃんたちに働いてもらうためにどうするか。菌ちゃんたちのご機嫌取りの毎日です。
2017/1/26
稀勢の里
稀勢の里が横綱に昇進した。大相撲ファンの我が大御所様曰く「稀勢の里の目は今までいつも寝ぼけまなこだった、あれでは勝てないと思っていた。でも最近は少し良くなってきたのか・・」と。たかが婆様の戯言と思うが、専門家に言わせると、いままで三度表情が変わったという。その都度心境の変化が表情に出ていたというのだ。となると表面的なことしか言わない大御所様だと思ったが意外とその奥まで見ていたか・・?いやどうしてもそんな風には見えないのだが・・。
2017/1/12
これからいよいよ冬本番という時期。小布施安市の頃にはだいたい寒波が来て雪景色となります。ところが、何を勘違いしたのでしょうか。ウチの庭になんとフキノトウが・・・。花開き始めています。しばらく暖かい日が続いたので春だと思ったのでしょうか。14・15は小布施一番の伝統的なお祭り市がはじまります。雪で人出が少なくならないよう祈ります。
2017/1/11
風習
12月31日に突然パソコン付属の機械が壊れてしまいました。よくもまあ大晦日にと思いましたが・・・。機械に限らず形あるものすべて寿命があるのですね。昨日も告別式。地域によっては風習が違い戸惑うこともあります。その土地の風習を事前に知っておくことが必要ですね。小布施はむしろ合理的に進んでいるような気がします。ある意味先進性というのでしょうか。逆に小布施感覚で他の土地
に行くと恥をかくこともあります。なかなか難しいものですね。それはともかく年末に出来なかった自宅部屋掃除をしました。なんとなくしたと思っていた重要USBが見つかりました。今年はいいことがあるのでしょうか・・・。でも宝くじは例年通り全滅です。・・・。今年も老体にムチ打って働けということですか。・・・。
2017/1/3
新年
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。今年はスタッフも充実し、さらなる飛躍をめざしより良い製品造りに邁進したいと存じます。また新製品の開発も手がけていきたいと思っております。皆様の変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
2016/12/30
今年も
あとわずか。御歳暮の注文もようやく落ち着きました。本当に皆様にはお世話になりました。改めて感謝申し上げます。
我が家では年末になると出てくるのが期限切れ食材。どうも大御所様が大事にしまい込んでとっておいたものが出てくるようです。とにかく、いいものをいただいたらなんでもしまい込む。そして忘れた頃、悪くなった頃にようやく日の目をみる。これが我が家の伝統です。この伝統はいつまで続くのでしょうか・・・。
2016/12/22
地元小学校
久しぶりに地元小布施の小学校で味噌造り教室を開きました。小布施では結構たくさんの子供たちの質問がでました。なかには「菌はなぜいるのか」という哲学根源的な質問がでて、返答に窮しましたが、「菌がなかったことを考えて見よう、野原にある犬の糞が自然に消えてしまうのはどうしてだろう」という観点から菌が無ければ困ってしまうというように持っていったんですが、理解してもらえたでしょうか。わいわいと子供たちはかわいかったです。
2016/12/19
小学生のお手紙
過日長野の小学校で味噌造り教室を開きました。そのお礼のお手紙が100通近く届きました。うれしいですね。みんな味噌が何からできているのか知りそのつくりも楽しかったようです。ビックリはそのクラスの名前。2年敬組、省組、恭組、倹組というのです。従来は1組2組とか植物、花の名前が多いような気がしますが、この小学校はどういう理由でそのような抽象的な名前にしたのか、小学二年生にどのように教えているのかそして子供たちがどのように感じているのか、興味がわきました。
2016/12/6
まさか、小布施の町中心部にタヌキが・・・。化かされたような気がします。数年前にイノシシが突進してきたと思うと、今度はタヌキです。ハクビシンはいつか天井裏に住み着いていましたが・・・。いったいどうして山から2kmもある中心部にまで迷い込んできたのでしょう。まあ途中には美味しい食べ物はたくさ
んあるかと思いますが・・・。それにしても交通量の多い国道までくるとは・・。正直野生のタヌキをこんなに間近で見るのは初めてです。思わずリンゴをあげてしまいました。御礼に美しい女性に化けてきてくれればいいのですが・・・。
2016/12/3
「発酵食品産業のこれからの展望」
という講演会。どちらかというと専門家対象のようでとても難しかったです。興味深いかったのは、ほとんどのアミノ酸には鏡像異性体であるL型とD型が存し、人はほとんどがL型でD型は無視されてきたが近年分析技術の進歩に伴って、人の中におけるDーアミノ酸の機能が明らかになってきたというのですね。そしてそれを研究しているのが大手化粧品メーカーの研究室。なんでもD型アミノ酸が美容にも影響するというのです。そしてそれは発酵食品に多く含まれるとか。つまり味噌などの発酵熟成食品を食していると美しさが保たれるということを科学的に解明されつつあるということですね。発酵食品産業の展望は明るいのでしょうか。
2016/11/25
シンクロ
シンクロナイズドスイミングのフィジカルトレーナーのお話を聞きました。彼のお父さんがご近所出身というのでたびたび小布施に訪れていたようです。興味深かったのは、いかにして選手の足を美しく見せるかという方法。その美しさも評点に反映されるというのです。美脚のビフォー、アフター写真を見せていただきました。うーん、これはすばらしい。でもその美脚をつくるにはものすごい鍛錬が必要なんですね。それがメダリストを生み出す苦労かと。思いをはせました。
2016/11/19
美味散策フェア
そごう横浜店にて「石原明子美味散策フェア」が開催されました。料理研究家の石原先生がお勧めする日本全国の食材うまいもの展です。穀平みそも20年来参加させていただいております。期間中多くのお客様にご来店いただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。お客様には激励、お叱りの言葉をたくさんいただきました。またある方は、「味噌は昔はお袋の味、今は袋の味」といいながら通り過ぎる人も。いろんな意味で勉強になります。
2016/10/30
大船渡復興支援ツアー
先日行ってきました。数年前に行ったときは瓦礫が山になっていましたが、今回は瓦礫はほとんどなくきれいに片付けられた平地に重機が入り、盛り土の最中でした。それにしても防潮堤の高く築かれたこと。海が全く見えなくなるほどです。あと何十年後、あるいは百年後?にくるかもしれない津波のために今から高い防潮堤を作っておいても来る頃には劣化してもろくなっているのではという見解もあるという。私も海の美しい景観を保全し、警戒態勢を整え、有事には速やかに避難できるシステムを作る方が効果あると思うのですが・・・・。
2016/10/19
競歩荒井選手
リオ五輪競歩で銅メダル獲得の荒井選手は当小布施町出身です。彼は師を求め、生活の基盤を自衛隊にして、そのなかで競技人生を自ら築き上げてきたそうです。その生き様は地味であってもしっかりと「地に足がついていて」評価に値するという話を友人がしていました。エリート階級出身の松岡修三氏をして、「あなたはとてもアスリートには見えない」と言わしめるそのたたずまいに、小布施町民として誇りに思います。
2016/10/17
お祭り
小布施秋の大収穫祭、「六斎市」が終わりました。今年は天気もよく、大盛況。いいだん会で用意した焼き鳥からホタテまで。概ね午前中で売れてしまったそうです。Q平はそれ以外に和楽の会、まちづくり委員会、そして、獅子舞を迎えあちこちと大忙し。忙しい中にも平和な日本を感じます。
2016/10/9
韓国視察
また韓国の皆様が小布施に視察に見えました。どうも国がバックアップしているのでしょうか。なんでも韓国人にとって水・川はとても興味のあること。日本と同じ建築材料を持っていながら建築の違いがあることに興味を持っているらしい。また面白かったのは、「嫁にいい石鹸を買いたいが小布施は田舎だから無いに違いない」と思っていらっしゃったこと。Q平は韓国の方が日本よりずっと情報化社会が発達していると思いましたが・・・。愛嬌ですね。
2016/10/5
豆乳チーズ
以前から大豆からチーズが造れないかと思っていました。昨日テレビを見ていてびっくり、なんと豆乳からチーズをつくりイタリアに売りに行っているという食最先端の話題が取り上げられていました。やはりQ平が考えるようなことはすでに大手が手をつけて実現しているのですね。いいアイディアも装備、技術、資金があるところにはかなわないです。でもこんな小さな零細企業でも生き残っていかなければなりません。さて、どう展開するか・・・。
2016/10/1
韓国からの視察
小布施には韓国各地より視察に見えます。Q平時折その対応をさせていただくのですが、なぜ「小布施視察か」と問うたら、今回の方は韓国中央部に位置する町で栗の栽培が盛んとのことでした。それで小布施なんですね。納得しました。それにしても、日本の片田舎まで視察とはなかなかです。もしかして国策でしょうか。お聞きすれば九州の湯布院も行かれたとか。勉強熱心に頭が下がります。
2016/9/20
高橋竹山
18日、津軽三味線奏者「高橋竹山の世界」Q平、40年前に初代竹山の演奏を渋谷の「じゃんじゃん」で聴いていました。きっかけは何だったんでしょうか。20代の頃三味線は聴こうとも思わなかったのに、どこかで竹山の演奏を聴いて衝撃を受けたんですね。それで足を運んだんです。その時に弟子はとらないと言っていた竹山が、初めて弟子をとったのが昨日の初代竹山。当時は竹代と称していたような。その二代目竹山の演奏を我が家の敷地内で聴くことができるなんて・・。それはそれはもう感慨深く、うれしく思いました。そしてコラボしたピアニスト、小田ちゃんも可愛くてよかった・・。こんな出会いに感謝感謝。再々度会える日を心待ちしてます。
2016/9/15
はやいものです。
気がついたら9月も半ば。日記が更新されてないというお叱りのご言葉。8月はイベントだらけ、くたびれてホッとしているところで気が抜けてしまいました。そこで思い切って山行き。多少きついとは聞いていたのですが、登ってビックリ、1370mにも関わらず、垂直な岩を登るところが数カ所。これには参りました。下山したあと聞いたら、数年前に若い女性が滑落死した場所とか・・。小さな祠でお詣りしておいてよかったぁ・・。
2016/8/14
お花市
夏のイベント、お花市終わりました。Q平懲りもせず、焼き鳥屋さん。いいだん会ではなかなか卒業できません。最初のお客様はサンフランシスコから来たという父と二人娘の親子。例年に無い出来事ですね。いいだん会にもインバウンド効果が・・・。「ヤキトリ」は知ってたようで注文してくれました。そしたら後で再注文。「delicious!」という。仲間はQ平の作った「秘伝のみそダレ」が海外に認められたということだね、と賛辞。うれしく思います。でもとても気になったのは美しい娘さん。10代金髪娘のさらなる発育へ焼き鳥が貢献しようとしていることに感涙・・・。
2016/8/11
スマホ
最近スマホの調子が悪い。必要なときに立ち上がらないのだ・・。どうも持ち主に似るのだろうか・・・。いくら押してもたたいてもウンともスンとも言わない。
たまにちょっと立ち上がる気配を見せるのだが、すぐだらりと・・。なさけない。肝心なときに役に立たないとは・・。幸い電話がかかってきたときは反応する。
ところが、時々相手の声は聞こえるがこちらの声は聞こえなくなるらしい・・。そこで相手との会話が途絶えてしまう。やむなく携帯ショップに駆け込む。
修理するか機種交換かと迫られる。なんでも、9月半ば過ぎなら2年目になるのでお得に変えられるとのこと。それまで我慢の子・・・。今のスマホは2年で壊れる様にできているらしい。もっとも前のは2週間で初期不良交換・。なんとなく解せない・・。
2016/8/3
郵便局おっぱい
郵便局に行きました。入ったとたんテーブルの上になにやら「おっぱい」らしきものが・・・。な、なんで郵便局におっぱいが・・・・。つい手を伸ばして触れてみたくなるのだが・・。変なおじさんが公衆の面前でおっぱいをもんでいたら・・と思うと・・気の小さいQ平さすがに手が出ませんでした。よくみると乳がん検査用のモデルらしいのです・・・。なんだそれならどうどうと触ってみたかった・・・。でも女性専用でしょうか・・?
2016/8/1
みそ教室
長野の小学校先生20名への味噌造り体験教室でした。いやー、先生方へお話をするというのはとても緊張します。それに余計な話をしてしまったら、時間が無くなり、別な話ができませんでした。なかなか難しいものですね。話の後は皆さんで味噌造り。これで先生方が子供たちに味噌造りができるようになればいいですね。期待します。
2016/7/27
先日白根山のコマクサ群生地に行ってきました。それはそれは感動もの!今まで高山植物の群生地は小規模でしたが、今回は違いました。まさに群生山といっていいほど。コマクサは可憐で慎ましい性格なんでしょうか。誰もがいやがる厳しい環境、高地の岩場にしか生えません。しかもお互いの距離をきちんととりながら生息しています。そんな姿を改めて知ることができました。一緒に行った友人は翌日再び行ってしまったそうです。
2016/7/22
第14回おぶせ見にマラソン終わりました。おぶせの一大イベントの一つです。Q平実行委員にさせられて、前日より準備、本番はランナー、翌日は後片付けとけっこうしんどかったです。Q平と友人が結成した「炎のゴミゼロランナーズ」今年は5名の参加でした。8000人ものランナーが走るわけですからいろんな方がいらっしゃいますが、少しずつマナーもよくなっていると思います。とにかく沿道にはゴミ一つ落ちていないクリーンな大会を目指してがんばります。
2016/7/12
栗の甘酒
平松農場さんからいただきました栗を使ってまた栗の甘酒に挑戦。今回は栗を細かくせず、荒く砕いたままにしてつくりました。前回のは細かくしすぎたら、栗の風味が今一という評判でしたので。さて、お味はどうでしょうか。米もデンプン、栗もデンプンなので相性はいいと思いますが・・・。値段は一袋300円です。興味ありましたらお問い合わせください。
2016/7/9
みそつくり教室
先日長野の小学校で味噌造り教室です。材料すべて持ち込みの出前教室。学校側で用意していただいた容器が少し小さすぎて、子供たち大騒ぎ。でも今回は朝味噌汁を飲んできた子供は半数以上いました。またみんなお味噌汁は大好きと言ってくれました。困ったのはパソコン。古いパソコンを持って行ったらプロジェクターが認識してくれなくて往生しました。急遽データを移し替えてなんとかなったのですが・・・。それにしてもあれだけ多彩な子供たち、先生は本当に大変だと思います。
2016/6/26
Q平のつぶやき
日記の更新が遅い、もっと面白くしろ・・、という叱咤激励をいただきました。(^_^;)言い訳ですが、HPをリニューアルしたら1台のパソコンでしか更新ができなくなり、不便を感じています。レジかごを充実したのである程度の制約はしかたないと思ってはおりましたが・・・。あっちをたてればこっちが立たず・・・。ずっと立たずはなにばかり・・・。
2016/6/20
イベント
熊本−三陸の絆市、マラソン実行委員会、タケノコ狩り、楽友会、栗花市、アルパコンサート。とこの二日間すべてに関わりましたが、すべて参加はできませんでした。身体は一つしかありませんもんね。なんの因果か・・。よく身体が持つと思います。昨日のテレビでは「キラーストレス」の対処法をやってました。その一つは「マインドフルネス」という。なんのことはない。瞑想と呼吸法ですね。これはまさにQ平が先日習ってきたことにつながります。それでなんとか持っているのでしょうか・・・。
2016/6/6
息もの
いつの間にか6月、もう初夏ですね。東京での用事のついでに青山で呼吸法を習ってきました。「生き物」は「息もの」と言われます。生きてる限り動物も植物も「呼吸」をします。ふだんなにげなく呼吸をしていてもなかなか意識して呼吸するということは少ないですね。でも自己免疫力を高める呼吸法があったら学んでみたくなります。Q平ヨガ呼吸法と日本の呼吸法との違いに興味あり、行ってきました。共通点は、ゆっくり、長く、深くですかね。今回興味深かったのは、「肛門を締め上げる」ことが大事とのこと。意外とそれが難しい。でもそれだけでも様々な効果があるとか・・。
2016/5/26
おもてなし
ある会合にでかけたら、その中である商店主が述べていたこと。「自分は商売をやっているから、お金にならないことはやりたくない、来訪者に道案内とか観光案内だけするのはしたくない」とおっしゃっていました。これははっきり言って違うと思います。お金になるかならないかではなく、訪れていただいたお客様にその土地のあらゆる情報を無償で提供、案内することが「おもてなし」であって、気持ちよくお帰りいただくことがリピートにもつながる事だと思います。
2016/5/21
ボールペン
大切な方にいただいた高級ボールペン、そのまま机の中にしまっておくよりも実際使っていた方がペンのためにもよかろう、また贈った方にも喜んでもらえるだろうと、毎日使用していた。ところがあちこちしているうちに紛失してしまったのだ。高級品だったために悔やむこと・・・。百均の安いボールペンはなかなか無くならないが、高級なものから無くなっていくという・・・。大事にしていたんだけどなぁ・・・今後はあまり持ち歩かないようにしよう。
2016/5/18
セコンドオピニオン
脳の検査をした方が言われたのだが、どうも納得いかず。知り合いの内科の先生に事情を話し、大病院の眼科に。そこでも脳外科に行けと言われたら仕方ないと思ったが、先生は診るなりすぐ結論。「ドライアイではありません。強膜炎です」というのだ。原因は不明なそうな。いずれにしてもこの一年以上苦しんできたのはなんだったんでしょう・・。漢方の養生法には「択医」という言葉もあります。医者を選ぶ「眼」も持たなければなりませんね。
2016/5/15
寛永通宝

五月晴れ。ウチの大御所様庭仕事に精を出す。と、なんと江戸時代の古銭を掘り出した。以前も同じ古銭を敷地内で発見した。「寛永通宝」江戸時代からの歴史を感じさせることですね。ウチのわんちゃんは残念ながらここ掘れワンワンとは言いません。どうせなら敷地内から小判がザックザックとなればいいのですが・・・。どうやら大金は高井鴻山先生から幕府に行ってしまったようです。残念。
2016/5/12
眼医者
どうしても我慢できなくなって、眼科医にかかりました。先生は首を傾げているのでよっぽど悪い病気かと思ったら、「異常ありません」とおっしゃる。どうもパソコンやりすぎの、ドライアイというのです。最近とみに涙もろくなってきたのに、どういうことでしょう。「でも先生、眼は痛いし頭も痛い」と訴えたら、「それなら脳の問題かもしれません、脳神経外科にかかってください」と言われてしまいました。さて、どうしましょ。過日は肺にも問題あると言われたばかり・・・。
2016/5/8
文書館ワークショップ
「古文書からみる小布施の生活文化」と称しワークショップが開催されました。今回は栗のお話。講演は横浜国大の多和田教授。江戸時代、小布施の栗がどのように採られ、松代藩主の命により上納されたか、実際の文書を前にお話しいただきました。実に興味深くおもしろかったです。先生も知らなかった当時の栗保管法。聴講者の年配の方から教えていただきました。それは松川の砂をカメに入れその中に保管していたとのこと。それにはみんなでビックリ。松川の砂に防虫、防腐の効果があったとは・・・。実際検証してみたいものです。
2016/4/27
若者の米離れ
日本農業新聞の記事でびっくりしました。「若者の米離れ顕著」だというのです。なんでも月に一度も米を食べていない人が20代男性の2割に上るとのこと。男女を通じて若い世代ほど米を食べていないというのです。世界では和食がブームといっても、国内ではそんな状況。新聞でも「和食文化が生活の中で薄れつつあることが浮き彫りになった。」という。代わりに何を食べているのでしょう。パン等の小麦類?やはり「米国」の戦略に見事はまっているのが今の日本でしょう。
2016/4/18
熊本地震
最初に熊本大地震で被災された方には心よりお見舞い申し上げます。小布施と八代市宮原町は以前より交流があり、役場職員としてみえていただいている深ちゃんもいます。ご実家の方はなんとか大丈夫ということで、本人は安堵しておりましたが、知人はたいへんな目にあっているようです。私たちも被災地に対してできることを考えていかなければなりませんね。また決して他人事とは思わず、明日は我が身と備えておかなければなりません。かつて善光寺大地震、松代群発地震もありましたから。
2016/4/9
栗の甘酒
信州もようやく桜が満開になりつつあります。春の甘酒つくりはちょっとひねってみました。「栗甘酒」小布施らしいでしょうか。小布施栗といえば平松農場。その栗を使って栗入りの甘酒です。栗もデンプン質ですので、米糀の酵素によって糖に分解されるはずです。もちろん砂糖は一切使いません。うまく栗の風味が出てくれるといいのですが・・。栗は精力剤とも言われます。飲む点滴どころか、飲む精力剤!うーん、飲まなくっちゃ!。
2016/3/31
古武術研究家 甲野善紀氏の講習会。いやぁ面白かったです。Q平もう少し若かったら、古武術の修練に明け暮れていたかもしれません。身体の使い方が西欧の方法論と全く違うのですね。そこが魅力です。例えば、江戸時代の人は手を振って歩かない、膝を伸ばして歩かないというのです。今と全く違います。今は膝を伸ばすことばかりしているので、逆に膝を痛めやすいということでした。ところが、ネットを見ると外国人がみた日本女性はとてもチャーミングだけれど、残念なのは歩き方だというのです。要するに和服を着て歩くように歩幅が狭く膝を曲げすり足のように歩く姿はみっともないというのです。それでハイヒールを履くから余計おかしな歩き方に見えるらしい。うーん、確かに日本人は変に西洋化してしまったから、どこかに無理がきているかもしれません。
2016/3/29
みそ造り体験
味噌造り体験のお客様がいらっしゃったので、「味噌すり」の話をさせていただきました。手造りでつくった味噌は粒みそになります。手でつぶした豆は時折つぶし忘れたものも混じっています。それが気になる方は網で漉していただくか、すり鉢ですってください。ちなみに、すり鉢でスリ棒の軸をずらしがら回す運動を「みそすり運動」と言います。実は地球の自転は「みそすり運動」をしていてその角度は23.4度傾いているのです。と申し上げたら、おじさんの言うことは眉唾もんで信用できないというのですね。そもそも、「すり鉢で味噌をする」ということ自体絶滅してしまった方法かもしれません。だから「みそすり運動」と言われてもピンとこないのも無理ないかもしれませんね。寂しいことですが・・。
2016/3/23
迷惑メール
迷惑メールは1日に100通以上いらっしゃいます。つい最近までは出会い系が多く、「素敵な出会い」「出会える地域密着型」「すぐに遊べる」とつい開いてしまいそうになるフレーズでしたが、来ないとわかると次は「他社で断られた方、安心融資」「給付支援センター」「緊急時のキャッシング」「生活救助隊」とこれまた魅力的なフレーズで融資を勧誘してきます。つい・・と思うのですが後が怖いので一歩踏み出せません。踏み出さない方が無難でしょうね。
2016/3/22
テレビ放映
最近テレビのいろんな番組で「発酵・乳酸菌・甘酒・菌の腸内環境」について取り上げられています。一種のブームみたいなものですね。昔の人は経験的に知っていたことが改めて科学的に解明されて見直されているようです。多くは「美容」に行き着くのですが、昨日は「腸内環境」と「脳」の結びつきについてやってました。なんでも甘酒を定期的に飲んでいると認知症が改善されるそうです。それにしても最近やたら除菌!除菌!と除菌グッズが流行る時代なのに、逆に菌の有効性が取り上げられるという。誠に不思議な時代ですね。
2016/3/19
乳酸菌
微生物研究会に行ってきました。なんでもアミノ酸にはL型とD型があるそうです。人間の身体をつくっているのはL型ですが、D型のアミノ酸は機能性があるそうで、D型アミノ酸を多く産出する乳酸菌を利用すればおもしろいものができるそうです。すでに大手化粧品会社では研究が進んでいるとか。みそ醤油にもなんか応用できるといいですね。
2016/3/18
林修の今でしょ講座
先日、テレビを見ていたら「林修の今でしょ!講座」で「甘酒」を特集していました。いやぁとても勉強になりました。江戸時代より身体にいいと経験的に知っていたことが、科学的に解明されたわけですね。腸内環境を整え、美肌効果もあるそうです。目の下のクマが目立たなくなるとか・・。また米糀からつくられるペプチドが血圧上昇も抑える機能を持ってるとか。そうですね、うまくできればご家庭で糀からつくられるものが一番効果があるような気がします。 つくるのは面倒とおっしゃる方はどうぞお買い求めください。弊社は酵素剤等の薬品は一切使わない米糀95%米5%の純粋甘酒です。春になりますので桜色の甘酒も造ろうかと思っています。
2016/3/14
Windows10
普段使っているパソコンが突然Windows10になってしまった。自分ではお勧めのポップアップ画面でOKを押した覚えはないのですが、もしかしたらディスプレイの省電力画面で真っ暗だったときにエンターキーを押してしまったのかもしれません。これには困りました。会計ソフトが動かなくなってしまうのです。パソコンに詳しい友人に相談したところ、マイクロソフトの戦略で3月より移行強化をしているとのこと。でも仕事ができなくなるのが一番の問題。わざわざ長野からきてもらいもとのバージョンに戻していただきました。ほんとに助かりました。持つべきものは困ったときの友人ですね。
2016/3/13
みそつくり教室
昨日はまちの子供わんぱく教室で「みそつくり」Q平味噌の講師として招かれみそのお話をしました。子供向けにつくったプレゼンなんですが、ショックはアンパンマンのバイキンマンを子供たちには受けなかったこと。そういえば今アンパンマンなんてやってないんでしたっけ・・・。これにはしらけてしまって困りました。今の子供たちにわかりやすく「菌」のお話をするには何をもってきたらいいのでしょうか。教えて欲しいです。
2016/3/8
糀の効果
週刊誌に「糖尿病に味噌がいい」という記事がありましたが、今回は「糖尿病と痛風に糀が効く」というのです。恐るべし糀パワー。糀の加工品としては「米こうじ甘酒」と「塩糀」があります。「甘酒」・「塩こうじ」とも米糀のみでつくってあります。痛風持ちのQ平、今まで以上に取らなければ・・・。ついでに大御所様がおつくりになったニンニク卵黄も・・・。
2016/3/7
視察
富士河口湖町よりまちづくりグループの方がわざわざ小布施町に視察にお見えになりました。
担当者が都合で対応できないというので、Q平がピンチヒッター。普段目に見えないこうじ菌と話をしているので、人前で話すのは苦手な方です。
しかもデータが古い。そうは言ってもせっかく遠くからお見えになっていただいているのに失礼があってはなりません。
物足りないところがあったかもしれません。不慣れなためご容赦ください。いずれにしても今後も何らかの形で交流が生まれればいいですね。そう願います。
2016/3/3
商店会総会
商店会の総会。半世紀くらい続いたサービスシールの会。今はもう加盟店も三分の一になってしまい、絶滅危惧どころかいよいよどう美しくやめるかという段階。今はポイントカード全盛ですが、小さな小売店が発行するスタンプシールを台紙に貼って商品と交換するというシステムはやはり時代遅れになってしまったということでしょう。もとより小売店そのものがたち行かなくなってしまう時代。やむを得ない状況です。あとはいかに美しくやめるか。知恵を出しましょう。
2016/2/28
ロコモ身体検査
町と信州大学、病院が協力して10年間に亘り町民のロコモ健康調査をするという。Q平その被験台となって病院に行ってきました。筋力は担当者が驚くほどありましたが、知力に問題がありそうです。100から7を引いていく単純な引き算ができない・・・。これには自分でも焦りました。今現場では計算式を入れておけば数値入力だけで答えを出してくれます。暗算は間違える危険性があるので、あまりやりません。それが仇になったようです。うーん、ロコモより認知症が心配か・・。それにしても女医さんが美人なのにはうれしくなりました。今度かかってみようと思います。
2016/2/26
名古屋城
そういえば、先日の名古屋。翌日は名古屋城に行ってきました。初めての名古屋城。いや素晴らしかったです。その壮大な姿に圧倒されました。また女子大生のボランティアガイドが可愛かったし、外では「名古屋おもてなし武将隊」の演舞が行われ楽しませてくれました。そうですよね。ただ単に城を見学するだけでなく人がいろんな形でおもてなしをしてくれるというのはより印象深く、いいイメージを持ちますね。見習うべきところがありました。残念はひつまぶしの食べ損ない。三軒とも1時間以上待たされるということでした。小布施もそんな思いをお客様にさせているのではと心配。
2016/2/22
名古屋小布施祭り
名古屋金山駅構内にて、「小布施祭り」と称する物産展。
小布施の名物を出張販売です。弊社も出店いたしました。
たくさんのお客様にお見えになっていただきました。名古屋は独特の味噌文化があります。
信州みそがどれだけ食い込めるか、と思いましたが吟醸みそは足りなくなるくらいでした。
うれしかったのは一緒にPRしてくれた「ミス着物」どうも「リケジョ」ということで、今度「猿にもわかる化学」を教えていただく約束をしました。楽しみです。
2016/2/14
小布施ミュージアム
ギャラリートーク 彫刻家 米林雄一氏のお話。NASAとコラボして無重力状態で造形作品を造るというようなこともやっておられたという。写真は動きが止まるけど、絵画は動きが表現されるというようなお話も。興味深かったのは大学でも最優秀なトップクラスの成績を持った学生は意外と以後の変化無く、No.2以下の成績もさほどではない学生の方があとの伸びしろはあるという。結局自分の特徴出すために努力をするらしいのです。うーんNo.3以下のQ平はその言葉を信じて頑張ろうと思います。もう遅いかもしれませんが・・・。
2016/2/13
菌・・・
あるミュージシャンと「菌」のお話をしたら、その方は「菌」についてすごい思い入れがある様子。なんでも、「日本人ほど直感力が優れている民族はいない、それは古来から「菌」を利用してきたからだ。「菌」は「菌」どうしでコミュニケーションをしている。音楽好きな「菌」を増やせばより音楽性が高まるのでは。」と言うのです。うーん、「菌」と免疫の関係性はわかるけど・・、確かに糀をつくる時は「菌」とお話しながらという表現はするけど・・・。音楽が好きな菌はいるかもしれませんね。昔からクラシックを聴かせた味噌とか最近ではジャズを聴かせた味噌とかありますから・・・。世の中わからないことばかり・・。でもおもしろい。
2016/2/12
ホームページ
11月に13年ぶりのリニューアルですが、まだまだ工事中が多くお客様にご迷惑をおかけしていることをお詫び申し上げます。昨日も「カップ味噌が注文できない」という電話。あわててアップいたしました。なにぶん慣れないアプリを使っているので、試行錯誤の日々です。充実するにはいましばらくお待ちいただきたくお願い申し上げます。
2016/2/9
お役所仕事
あるお役所に書類を提出したら、数日後に返送されてきた。なんでも「事業所番号を記載しろ」というのだ。え?そんなの知らないと電話して聞くと教えてくれました。でもなぁ、事業所番号なんてお役所の方で管理するものではないか、教えてもらっていたかもしれないけれど、自分には必要のないものだから覚えてはいない。だからそっちで書いてくれたっていいじゃないか・・。と思うのは不憫な、いや不備な人間のいいわけ?
2016/2/6
新聞に
「国は新年度から、ぎょう虫検査を健康診断の必須項目から外す」という記事がありました。「ぎょう虫検査」、懐かしいですね。朝青いシールをお尻にぺったんして学校へ持って行きましたね。それがなくなるという。それだけ衛生状態がよくなってきたということでしょうか。でも先日の話。クラスの中で一人だけぎょう虫がいた子が。実はその子は無農薬有機栽培の野菜を食べていた子だったとか。「私たちの身体は寄生虫を欲している」ロブ・ダン著という本もある。「現代人の過剰な清潔信奉に警鐘を鳴らす、驚きの進化論」という推薦文。アトピー等の現代病の要因を探ることができるので一読をお勧め。
2016/2/5
結婚式
いつの間にやら2月。先日は同業者の結婚式。若い人はいいですね。新郎の親父さんは、
「東京に仕事で行く時はいつも二人で行く。しかも日帰りできるのに泊まりで行く」と不満そ
うに話をしていました。
まあ「そんなことは当たり前のことじゃないですか。若い二人はお宅の未来を、いや日本の
未来をつくりに行っているんですから。」と申し上げたのですが・・・。
少子高齢化社会を迎えている今日。なんとか若い人に頑張ってもらわねば・・。
味噌の消費量も増えないし、業界の死活問題になってきているわけですから・・・。
2016/1/29
糖尿病に味噌汁
週刊誌に「糖尿病の常識が変わった」という記事
「味噌汁に糖尿病予防の可能性がある」というのだ。
記事によると、「味噌汁を1日3杯以上飲んでいる男性は1日2杯以下の男性に
比べて空腹時の血糖値が低いということがわかった」それには「血中アディポネ
クチン値が高いことが関係」「アディポネクチンはホルモンの一種でインスリン
感受性を高め糖尿病を予防する働きがある」「ちなみに同じ大豆由来の食品でも
納豆や油揚げでは味噌汁のような結果は得られなかった」という。ガン予防に糖
尿病、味噌汁の威力は計り知れないものがありますね。そのうち痛風にも・・・。
味噌汁以上に酒飲んでいたらダメかぁ・・。
2016/1/25
出会いぐるみ
原さんが千曲川河川敷で拾い磨いた「鬼クルミ」をたくさん持ってきてくれました。「出会い
ぐるみ」と唱しお客様に差し上げてくださいということです。鴻山記念館にも持って行ったら、
その話題でお客様と職員が盛り上がり、いい交流となっているようです。
なによりもお客様が笑顔になれるとのこと。そういえば「真田丸」の真田昌幸も考えるときにク
ルミを握っていました。400年以上もまえからの伝統なんですね。
2016/1/7
乾杯条例
県から組合員に「信州の地酒普及促進・乾杯条例」なるものが届いた。
なんでもいろんな懇親会での乾杯は地酒にしろというものらしい。
Q平は以前日本酒は嫌いだった。どうしても後に残るアルコール臭と味が好きになれなかった。
ところが、ある純米酒を口にしたら、お酒ってこんなに美味しいものだったのかと感動。
以来晩酌は日本酒のみとなった。乾杯条例も話題にはいいけど、逆に地酒は乾杯だけに
ならないようにと思う。とにかく後味のいい、美味しい酒を造っ
て欲しい。
2016/1/2
新年
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。今年は弊社ホーム
ページ含め社内体制もより充実させ、さらなる品質およびサービス向上に努めていきたい
と思います。皆様のご支援に改めて感謝申し上げます。
2015/12/25
インバウンド
最近外国人の来店が目立ちます。本日は台湾からの母子。びっくりしたのは母親は英語
しか話せないのに、小学1年生という息子は日本語ぺらぺらなのです。聞けば学校で習うの
だそうな。それにしてもあまりにも自然に話すのに不思議でした。年配の方ならまだわかるの
ですが・・。日本の小学生に
外国語を習わせてあれだけ話せるだろうかと・・。天才かなぁ・・。味噌は買って行かれました。
2015/12/22
御歳暮
ようやく落ち着いてきました。本日、突然遠方の有名なスーパーより商品開発の話が舞い
込んできました。北海道のラーメン屋さんにはオリジナル味噌を提供しております。
今度は西の方からの話ですが、果たして西のお客様の舌を満足させられる味噌ができま
すか。仕様をすりあわせ、
喜んでいただけるような味噌造りにがんばりたいと思います。
2015/12/14
穀平ホームページが13年ぶりにリニューアルいたしました。本当は来年1月からの予定でし
たが、都合により不完全なままのオープンです。商品の情報や写真がわかりやすくなり、ポイ
ント制度なども導入し、お客様により便利なようにと作り替え
ました。ただまだ不十分な点ありますことをお許しください。
2015/10/19
まだまだテレビの余波は続いているようです。今日はまたうれしいお葉書が届きました。
「長野県小布施町 お店紹介テレビで放映されたお味噌屋さん 様」で裏面には「住所が
わからず、念願が通じますよう郵便局の方どうかよろしく願いします。」とありました。
ご年配の方でしょうか、今ではネット等いろんな検索ができますが、葉書に思いを託して
お送りいただきましたお客様に感謝です。